説得

相手が強く信じているものに対して意見を変えやすくするには!?

投稿日:


 

日々、コミュニケーションの中で相手を説得したいと思うことがよくあると思います。

 

そんな中でも、厄介なのが相手が強く信じて絶対に曲げないようなことに対して説得は非常に困難です。

 

というか、諦めますよね。

 

でも、ビジネスなど交渉する時とか、そういう状況でも相手を絶対に説得しなければならない時もありますよね。

 

みなさんだったらどうしますか。

 

今回は、そういう相手を説得する研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

意見を変えてもらうにには楽しくさせること!?

社会心理学者のレオン・フェスティンガーたちは、聴衆が何かに気をとらてる時に聴衆が十分に反論できない場合、聴衆が信念が意見に強く反対する説得力のあるコミュニケーション法がより効果的に説得できるかどうかを検証した。(1)

 

事件では、大学のフラタニティに所属している学生を2つのグループに分け、どちらにも映画を観てもらい、それぞれに友愛に強く反対する同じメッセージが含まれていた。

 

一方は、演説をする教授の通常の映画でフラタニティに対する非難の言葉を並べていた。

 

もう一方は、同じトラックを使用したもう1つの映画だったが、教授の代わりに、愉快なビート族の画像家が抽象表現主義的な絵を描いているシーンが映し出されていた。

 

つまり、まったく無関係で、愉快で非常に気を散らす視覚的なプレゼンテーションを行った。

 

その結果、学生たちは通常のバージョンよりも、愉快でコミュニケーションの気を散らすプレゼンテーションの方に影響を受けた。

 

つまり、愉快な気持ちになり注意が散漫になると、意見を変えやすくすることがわかった。

 

ちなみに、フラタニティに所属していな学生にとって、2つの間に違いはなかった。

 

ちょっと一言

つまり、相手に楽しい気分にさせてあげることが重要なんです。

 

他の研究でも、楽しい気分でいると説得に応じやすくなるという研究もあるので、間違ってはないかなと思います。

 

また、経験的にもありそうな気がします。

 

楽しい時間を過ごしている時に、誰かと簡単に約束をしてしまったりして、家に帰って冷静になって考えると「何であんな約束をしてしまったのだろうか」みたいなこと今までありませんでしたか。

 

多分、言われてみれば思い当たる人もいると思います。

 

ですので、何かを強く信じている人に対して、その意見を変えてもらいたかったら、愉快にさせることです。

 

これは、誰かをデートに誘ったりする時でも同じことが言えます。

 

まぁ、どんな説得でも、これを意識しておくだけで大分変るので、試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-説得

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク