自分をコントロールするために

科学的根拠に基づいた心理学などを紹介するサイトです。その知識を使って、多くの人に自分の人生を豊かにしてほしいというのがコンセプトです。内容は主に、体やメンタルの健康など、それ以外にも多岐にわたり、使えそうな知識を紹介しているサイトです。

説得

「お願い+理由」で説得率は90%以上

投稿日:


お願い

 

人を説得したい、家族でも友人でも誰でも何かしてほしい時に断られたくないと思って、どう言おうか迷っていませんか。

 

で、言ってみたらやっぱり断られた・・・最初からそう思ったんだよな、言わなきゃよかった・・・ということは日常茶飯事だと思います。

 

かと言って本屋に並んでいる心理テクニックの本はどれも怪しそう。『禁断の~~』とか『悪魔の~~術』みたいのはどうせ、何もないできるわけないだろ。でも専門的な心理学の本を読む気力はないというのが大方だと思います。

 

そこで今回は心理学的に証明された誰でも使える説得のテクニックを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

お願い+理由

心理学者、エレン・ランガーが行った実験で理由を添えるだけで頼みごとが成功しやすくなることがわかっています。

 

実験はごくシンプルです。図書館のコピー機の前にいる人に「すみません、コピーを先にとらせていただけないでしょうか?急いでいるので」というようなお願いをするだけで94%の人たちが先にコピーをとらせてくれた。

 

ところが・・・

「すみません。5枚だけなんですが、先にコピーをとらせていただけませんか」といったところ、先にコピーををとらせてくれたのは60%の人たちに過ぎなかった。

 

一見すると、他の方の違い、つまり「急いでいるので」と「5枚だけなんですが」の頼み方によるものだと思われた。

 

意外な事実が

3番目の実験で成功率の違いは言葉全体の意味でなく、ポイントは最後に「~ので」という単語をつければいいことに気がついた。

 

言ってみれば、“ので”を最後に付けてしまえば、理由じゃなくてもいいっていことです。

 

「すみません、5枚だけなのですが先にコピーをとらせていただけませんか。コピーをとらなければいけないので」

 

字で読むから冷静に理解できるのでどう考えても、なんだ、それ?と思えますが、会話の中では違います。

 

その結果、この条件でもほとんどの人(93%)がコピーを先にとらせてくれた。

 

ちなみに子供の「だって~」も同じ。

 

使いすぎにご注意!

ただし、限度があります。例えば、会社に遅刻した時に理由をつけても効果はないと思った方が良いでしょう。「飲みすぎてしまったので」といっても、相手は説得されませんし、怒りをかうだけなのでそういう状況では使うべきではありません。

 

もう一つは頻繁に使うのも控えた方が良いです。頻繁に使われると相手は何かあるのでは思うようになるからです。

 

使えるようになるには?

「お願い+理由」は自然にできるのがベストです。

このテクニックを知っている方もいるとは思いますが、なかなか使えていない人もいるのでは?

 

1日1回でいいので誰かに試すのをおススメします。そんなに難しくないので

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-説得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク