説得

サブリミナル効果とは?~その意味と映画やCM、音楽に使われている要素~

投稿日:2017年9月2日 更新日:


サブリミナル効果、意味、映画、CM、音楽、例

 

サブリミナル効果って聞いたことはありますか。

 

僕はなんとなくですが、無意識に刷り込むっていう効果あるっていうくらいしかわかっていませんでした。

 

僕の場合、何となくが多い気もしますが(笑)

 

サブリミナルは本人が聞いた、見た自覚がない刺激のこと。

知覚を想定せず、短時間や言葉やイメージを呈示し、実際に意識されなければ、サブリミナル効果になります。

 

スポンサーリンク
 

 

サブリミナル効果の4つのパターン

呈示された情報が、まったく、またはほとんど意識されず、潜在意識に伝わり方。

 

・サブリミナル・メッセージの伝達が速すぎて、意識的に見聞きできない

・スプリミナル(閾上、意識のうち)・メッセージとして見聞きはできる、実際に見聞きされているメッセージ

・別の画像や音声に意識できるメッセージとして埋め込まれ、通常は感情の高揚や動揺につながるもの

・「不注意による見落とし」と呼ばれる心理的影響によって、完全に見えているにもかかわらず気づかない状況

 

暗示にも近い感じがしますね。

 

サブリミナル効果は知覚ができなくても!?

神経科学を応用したマーケティングを研究しているデイヴィッド・ルイスらが行った実験では、被験者に日常生活のサブリミナル画像を100分の1秒だけ見せた。

 

画像は、可愛い子犬から流血の死体まで多岐にわたった。

 

その後、被験者に人物の画像を見せ、その人物が親しみやすいか、よそよそしいか、歓迎するか、敬遠するか、外交的か、内向的か、社交的か、そうではないかなど、評価してもらった。

 

すると、サブリミナル画像がプラスイメージの場合の方が、マイナスイメージの場合に比べ、その人物の評価は大幅に肯定的だった。

 

サブリミナル効果の威力!

ユトレヒト大学のヘン・クアーツのグループは42名の学生に3種類に分けた単語を5個ずつ短時間で見せた。

 

一つ目は努力を要する単語(努力、活発など)、二つ目は肯定的な形容詞(素晴らしい、楽しいなど)、三つ目は中立的な副詞(さらに、あちらこちらなど)。

 

その後、握力を測定する新しい機器の適性検査に参加してもらうと告げ、コンピュータの画面に「握る」という単語が表れると、すぐに利き手でグリップを握り、単語が消えるとグリップを話してもらう。

 

その結果、肉体的労力を要する単語と肯定的な形容詞をあらかじめ見せられていた学生は、画面の指示に対する反応、グリップを握るスピードが非常に速く、握力も強かった。

 

アーツは、無意識のプライミング(予めの刺激)が前向きの刺激の時は、いつも以上に力を発揮しようとするモチベーションになると分析。

 

これって筋トレ前とかでやると効果が期待できそうですね。

 

スタンフォード大学のロバート・ザイアンスの実験では、被験者に10種類の多角形をそれぞれ1000分の1秒後に見せた後、その中に含まれていたものと含まれていなかったものの組み合わせを作り、どちらを見たことがあるかと思うか、どちらが好きかを聞いた。

 

結果は、事前にどちらを見たかをわかった被験者はいなかったにもかかわらず、見たことのある形の方が好きだと回答した。

 

ちなみのこういうのはサブリミナル・メッセージというのですが、動画などに1カ所だけ別の画像や動画を挿入する手法を正確には、「スプリミナル・メッセージ」と呼び、はっきり知覚できる刺激のことなんです。

 

フツー、選ばないでしょ?

ラドバウト大学のナイメーン校社会心理学部のジョアン・C・カレマンズの研究では、被験者にある文字群の小さな変化に見つけるように指示。

 

狭いスペースに入り、コンピュータの画面に短時間、表れる文字列を見つめ、例えば、大文字のB列に小文字のbが表れる回数を数える。

 

テストが終わると、塩味の「ドロッピェ」をもらう。オランダでは、有名なキャンディーで、表面にアルファベットがデザインされている。

 

その文字を舌だけで判別しなければならない。

 

ただし、本当の目的は、キャンディーの塩味によって、のどの渇きを促すこと。

 

また、別のグループの被験者はキャンディーをもらわずに、のどの渇き具合について聞かれる。

 

そして、のどの渇きをいやすためにリプトンアイスかミネラルウォーターのどちらかわ選ばされると、リプトンアイスを選んだ。

 

その選択は本人の自由意思のように思えるが、騙されているところも。

 

通常のどが渇くと、ミネラルウォーターが選ばれるはずだが、何らかの理由で紅茶を選んでいる。

 

自由に選んだつもりが、実際にはサブリミナル効果だったことに気付いていないだけ。

 

文字列をじっと見ている時、リプトンアイスという言葉が画面上に1000分の23秒点滅していた。

 

その結果、無意識のうちに水ではなく、紅茶を選ぶように仕向けられていた。

 

これは効率的で優勢かつ広く普及している選択肢ではなく、別の選択肢を選ぶように脳に条件付けした「プライミング」の事例。

 

そして、注意点が2つあり、1つは無意識に前もって教え込まれたリプトンアイスは、のどの渇きやすい商品なので、その商品の選択は道理にかなっていること。

 

さらに重要なのは、事前に条件付けのプライミングが有効なのは、すでにのどが渇いている被験者だけで、あまりのどが渇いていない被験者、全くのどが渇いていない被験者には、効果がほぼない。

 

つまりその状態にさせないといけないとうことですね。

 

サブリミナル効果は脳科学でも!

2007年、ロンドン大学認知神経科学研究所のババドル・バーラミのチームが、視認できないサブリミナル画像が無意識に心理プロセスに影響を与えていることを心理学的に初めて実証した。

 

本人が画像を見たという意識がないにも関わらず、瞬間的イメージを脳が記憶していた。

 

実験ではfMRIを使い、後頭葉にある第一次視覚野へのサブリミナル・メッセージを調べた。

 

被験者は、文字列の中からTを探す作業、同じ文字列の中から白文字Nと青文字Zを探す作業のいずれかを指示され、その間に意識されないようにペンチやアイロンなどの日用品の写真が投影される。

 

すると、最初の作業の場合は、一次視覚野はサブリミナル・イメージを認識していたが、2番目の作業では、同様の脳活動は確認できなかった。

 

2番目の作業の方が集中力を要していたため、サブリミナル・イメージは排除された。

 

ちょっと一言

サブリミナル効果は、短時間で見聞きしたものがすりこまれるということでした。

 

もちろん無意識なので自覚などはありません。

 

ということは普段何気なく見たり聞いたりするものからも影響を受けているということになりますね。

 

そう考えますと、自分の人生にも大きく関わってくるのでありとあらゆるもので人生が形作られているのかもしれません。

人間関係、情報などから悪い影響を受けそうな気がしたら遮断して、良い影響だけ受けるように考えるのもありだと思います。

 

例えば、太るのも感染してしまうことがありますので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-説得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク