自信

自己評価が高い人の特徴とは?~仕事ができないのにプライドが高い理由~

投稿日:2018年5月29日 更新日:


自己評価、高い、人、特徴、仕事、できない、プライド、高い、理由

 

仕事ができないのに、プライドは100人前くらい(例えば上司とか)いますよね。

 

でも、それは心理学的に理にかなっているのです。

 

そう思えば、「仕事ができないくせに」ではなく、「仕事ができないからプライドが変に高いんだな」思えるようになります。

 

本当に仕事ができる人は、自分で仕事ができるとは言いませんし、できる人にはみんなが認めているはずです。

 

スポンサーリンク
 

 

自己評価が高い人の特徴は無理な設定を!

フロリダ州州立大学の心理学者、ロイ・バウマイスターは、ゲームを使って人の期待値を計測した。(1)

 

この実験では、障害物を縫って複葉機を飛行させるゲームを被験者にプレイしてもらった。

 

そして、20分ほどプレイした後で、被験者は、指定の時間内にゲームを終わらせられたら、賞金がもらえると言われた。

 

ただし、次の二つのオプションのどちらかを選ばなければならなかった。

 

1、実験者によって設定された時間制限を破る。それに成功した場合は2ドルもらえる。

 

2、より短い時間制限を自分で設定する(したがってゲームはより難しくなる)。それに成功した場合は、設定した時間に応じて2ドル以上がもらえる。

 

この時、ある被験者は、「プレッシャーに弱い人やそもそも自分の自信がない人は、安全なオプションを選択して、確実に2ドルを手にした方が良いだろうね」とプレッシャ―をかけられた。

 

その結果、自己評価の高い被験者は、より難易度の高い(オプション2)を選択することが多く、平均賞金獲得額は25セントだった。

 

これは、自己評価の低い被験者の平均賞金獲得額(2.80ドル)よりもかなり低かった。

 

ちなみに2.80ドルという数字は、自己評価の低い被験者が、全員オプション1を選んではいなかったことがこの理由。

 

このゲームのオプション2のルールでは、目標を1秒短縮するごとに、、1ドルずつ多額の報酬がもらえることになっていた。

 

したがって、オプション2を選んだ場合でも、自己評価の高い人は、無理な設定をしがちだったのに対し、自己評価の低い人は無理な設定をしなかったと考えられた。

 

同様に第二の実験でも、自己評価の高い被験者は、「ハイリスクハイリターンの賭けをして負けることが多かった」。

 

身の丈に合わせた方が良いっということですね。

 

ちょっと一言

自己評価の高い人は、無理難題な課題を自分に課してしまうことがわかりました。

 

自分がどのくらいできるか把握してから、一歩ずつ前に成功の近道なんですけどねぇ。

 

でも、これが結構難しいんですよね。

 

頭でわかっていも・・・。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-自信

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク