自信

自分の強みの見つけ方!~強みと弱みのテスト(診断ツール)で自己分析しよう~

投稿日:2017年10月19日 更新日:


自分の強み、見つけ方、強み、弱み、テスト、診断ツール

 

みなさんは自分の強みを知っていますか。

 

実は自分の強みをはっきり認識して、お互いの強みを共有すると、仕事などのパフォーマンスがグンと上がるのです。

 

さらに強みを他人のために使ってあげると、信用されやすくもなります。

 

今回は強みが診断できるツールとその例(僕の結果)を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

強みを見つけるには何かできた経験を思い出して・・・

ダン・ケーブル、フランチェスカ・ジーノ、ブラッドレイ・スターツの研究では、参加者にある作業を始めてもらう前に、自分の個性について考える場を設けた。

 

例えば、「これこそ自分の得意分野」と、水を得た魚のように何かをできた経験を思い出してもらい、その上で自分のロゴのデザインをしてもらった。

 

すると、「自分らしい自分を実感できた」と参加者が報告。

 

その結果、のちに取り組んだ作業でも満足できる結果を出せ、かつ効率よくこなし、ミスも少なかった。

 

つまりこの研究結果は、働く人がそれぞれの個性を仕事で発揮できると満足度が高まり、良い結果を出せたということ。

 

自分の強みをみんなで共有しよう!

同様に、ダン・ケーブルらがインドのコールセンターで行った研究では、新しく入るスタッフに半日の研修を受けてもらった。

 

研修は3つ用意し、最初のグループは新人たち自身の「最高の自分」に焦点を当てたワークショップに参加してもらった。

 

具体的には、この仕事に自分ならではの強みをどのように発揮できるかを考えて書き出し、各自の答えを15分で他のスタッフと共有した。

 

そして、自分の名前が入ったフリースとバッジを受け取った。

 

もう一つの研修グループは、新しく一員となる組織に誇りを持ってもらうことに主眼を置いた内容だった。

 

企業文化について、講義を受け、会社のどんな部分に誇りを感じるかを書き出し、それぞれの回答を同じように15分で共有した。

 

最後に受け取ったのは会社名に入ったフリースとバッジだった。

 

3つ目のグループは比較対象とするため、通常の基本的なオリエンテーションを受けた。

 

結果は、最高の自分を発揮して強みを生かすような研修を受けたグループが、他のグループよりも高いパフォーマンスを見せ、顧客満足度調査で高い評価を得た。

 

また、コールセンターの仕事では、離職率が高いにもかかわらず、勤続期間が長い傾向にあった。

 

ということは、会社とか組織の何かに目を向けるより、自分の強みを認識して、それをお互いが共有することによって、高いパフォーマンスが発揮されるということですね。

 

訳の分からない企業研修とかやめて、強みに目を向けさせることの方が会社の成長にもつながる可能性は高いので、社長や幹部という立場の人は、どうでもいいオリエンテーションなんかやらず、新人たちの強みを共有させてみては。

 

別に企業じゃなくても、友達とかでもはっきり「自分の強み」を認識していれば、心理が引っ張られるので、より自分の強みに磨きがかかります。

 

そうやって、お互いの認識していれば、誰に何を聞けばいいのかというメリットもあります。

 

ちなみに人間関係に必要なのは信用です。

 

この信用は、心理学的に「温かみ」と「能力」で決まると言われています。

 

つまり自分の強み、得意なことを相手のために使ってあげれば、当然信用されます。

 

ですのでまず自分の強みを知りましょう。

 

自分の強みを知るVIAテスト

このテストは、ペンシルベニア大学の心理学者、マーティン・セリグマンが中心となって作った性格診断テストです。

 

まずはこれで自分の強みを知りましょう。

 

サイトは英語で書かれていますが、日本語にもなおせるので安心です。

 

ちなみに例として、僕の結果です。

 

自分の強み、見つけ方、強み、弱み、テスト、診断ツール

 

こんな感じです。

 

サイトはこれです。

自分の性格を知りたい方は、

 

Character Strengths, Character Building Experts: VIA Character

 

で診断してみてください。(日本語に変えられます)(無料でできます)

 

ちょっと一言

自分の強み、得意分野を思い出し、それをいつでも見られるようにすると、「自分らしい自分」でいられることを実感でき、仕事も効率よく、満足にできたりと。

 

それから自分の強みを共有するだけで高いパフォーマンスが出せたということでした。

 

まずは上のテストで自分の強みを知りましょう。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-自信

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク