社会心理学

レビューの星の数のなどは信じないほうが良い!

投稿日:2018年10月10日 更新日:


レビュー、星の数

 

今や、ネット上で商品を買う時に必ず出てくるのがレビューです。

 

多分僕だけではなく、どんな人もネット上のレビューを信じて買ったけど思ったものと違っていたなんてことがあったと思います。

 

では、なぜそんなことが起こるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

レビューは追随する!

マサチューセッツ工科大学のシナン・アラルたちは、ネット上で肯定的なレビューや否定的なレビューが影響を及ぼす範囲を調べた。(1)

 

実験に使われたのは、redditのようなオンラインニュースサイトだった。

 

サイトの寄せられるユーザーのコメントを他の読者が肯定(いいね)、否定(却下)、中立(どちらでもない)で評価してもらった。

 

肯定は否定の4.6倍で、全コメントの5.13%が初めて始めてサイトを見る人から肯定と評価され、わずか0.82%が否定と評価された。

 

さらに研究を進め、5カ月以上かけてコメントに対する反応を分析した。

 

その間に、10万1281件のコメントが1000万回以上閲覧され、30万8515回評価された。

 

そして、研究者者たちは偽の評価をくわえて、ユーザーの反応を見た。

 

群れに従った意見が続き、最後には肯定的な評価のバブルが起きた。

 

研究者は、「人々はネット上では他者の肯定的な意見に進んで追随し、否定的には懐疑的になる。このことが劇的な効果を生む。群れ硬化や雪だるま効果が起きれば、勝者総取りやスーパースターの市場が作られるということだ」と言う。

 

肯定的なものには影響を受けるみたいですが、否定的な意見は避けようとするのは意外でした。

 

僕は、どちらか一方の意見が強くなるとそちらの意見が大きくなると思っていましたので。

 

ちょっと一言

ネットのレビューで肯定的な意見は影響されやすいということがわかりました。

 

だからといって、レビューを無視するのは難しいですよね。

 

買い物で失敗したくないなら、お店で買うのが一番だと思います。

 

僕もたまに本屋で立ち読みして、良いなと思ったら買ってしまいます。

 

で、アマゾンのレビューを見ると、低評価だったりします。

 

「なんで、こんないい本が」と思うことはありますが、他人の評価と自分の評価は別だと思うようにしています。

 

みなさんもレビューに右往左往せず買ってみては。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク