社会心理学

特定の人にメッセージを送りたいときにインフルエンサーって必要!?

投稿日:


 

今回は特定の人にどうすれば自分のメッセージを届けられるかという実験を紹介します。

 

まぁ、SNSでダイレクトにメッセージを送れるかもしれませんが、そこまで普及している時代ではありませんでした。

 

そういう時に、人々はどういう人たちを介して、特定の人に送ったのでしょうか。

 

一つ考えられるのは、顔の広いインフルエンサーみたいな人ですよね。

 

果たして、実際はどうなのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

特定の人にメッセージを送るには?

バーモント大学のピータードッズたちは、60,000人以上の電子メールユーザーが知人にメッセージを転送することにより、特定の人にそのメッセージを到達させられるかどうか実験した。(1)

 

13か国の18人の対象者の1人を選び、その人に到達させようとさせ、約2万5000人からメールの連鎖をスタートさせ、各参加者にはメッセージを特定の人に到達させるように頼んだ。

 

その結果、それぞれの鎖のメッセージは様々な人を介して流れ、同じインフルエンサーが何回も顔を出すことはなかった。

 

さらに研究チームは参加者たちに、なぜメールをその相手に送ったのかという質問をした。

 

すると、特に人気のある、つまり顔が広い相手に送ったというより、住んでいる場所とか職業の特性を基に、標的への到達のしやすさを考えて、送る相手を選ぶ傾向にあった。

 

つまり、メッセージが特定の標的に到達するには、広い人脈がある人は必要ないということがわかった。

 

では、特定の人ではなくて単純に遠くまで拡散するならどういう人を選んだらいいのでしょうか。

 

ツイッターで拡散しやすい人は?

他の研究では、2009年に2か月の間隔でTwitterフォロワーグラフで発生した7,400万件の拡散イベントを追跡することにより、160万人のTwitterユーザーの属性と相対的な影響を調査した。(2)

 

つまり、ウェブリンクがツイッター上でどのように広がるかを調べた。

 

その結果、フォロワー数が多かったり、過去に何かを流行らせたことがあったりする人によって投稿されると、広く拡散されやすいことがわかった。

 

ちょっと一言

ということで、広い人脈がある人というよりは、特定の地域や職業の人にメッセージを送ったのです。

 

まぁ、この実験ではどちらが届きやすかったかは書いていませんが。

 

でも、僕も特定の人にメッセージを送りたい、つながりたいと思ったらその近くにいそうな人に頼むかな~。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者: