社会心理学

科学的に親しく付き合える人は何人?

投稿日:


 

今回は、親しく付き合える人数についてです。

 

突然ですが、みなさんはパートナーを選ぶ時の相手は誰にしますか。

 

お金を貸したり、信用したり、尊敬する相手は誰でしょうか。

 

それを突き止められるシンプルな方法があります。

 

それは、ネーム・ジェネレイーター式の質問をすることです。(1)

 

標準的な質問は、例えば次のようなものです。

 

「1、あなたが個人的なことや内密のことを話せるような信頼できる人は誰ですか?」「2、あなたが自由時間を一緒に過ごす相手は誰ですか?」「3、パートナ、両親、兄弟のほかに、あなたが最も親しい友達だと思う相手は誰ですか?」

 

スポンサーリンク
 

 

親しく付き合える人は何人!?

イェール大学のニコラス・クリスタキスたちは、2009年全米のサンプル世帯にネーム・ジェネレーターの二つの主な質問(上記の1と2)をしたところ、アメリカ人は平均で4.4の親しい社会的接点を持ち、大半の人の接点は2.6から6.2人の幅で収まっていることがわかった。(2)

 

平均的な回答者の答えに挙がったのは、友達が2.2人、配偶者が0.76人、兄弟が.28人、職場の同僚が0.44人、隣人が0.3人だった。

 

この数字は、何十年という期間で見ても大きく変わらず、しかも世界中でも同じような結果が見られる。

 

つまり、人々は平均して4つか5つの程度の密接な社会的関係を持ち、一般にそこに配偶者と、場合によって1人か2人の兄弟が含まれ、さらにたいてい1人か2人の親友も含まれる。

 

これらの数字はそれぞれの人生の途中で多かれ少なかれ変わりうる(例えば配偶者をなくした時など)。

 

これは先行研究とも一致しています。(3)(4)

 

当然のことながら、この質問に対して配偶者や兄弟も答えに含みます。

 

したがって、類縁関係のない友達のみに限って特定したいなら、縁者は外せばいいのです。

 

世界中どこでもネットワークは同じ!?

また、研究者たちはした。世界各地のネットワークデータを収集するための「トレリス」というソフトウェアを開発した。(5)(6)(7)(8)(9)

 

これを使って、アメリカ、インド、タンザニア、ウガンダ、スーダン、ホンジュラスなどの国の一定の人口集団における直接的な社会的交流をマッピングした。

 

そうして調べたネットワークをいくつか示した。

 

この図版の各図の説明は以下の通りになります。

 

(a)スーダンのニャンガトム族の男性91人の間での贈答ネットワーク(誰が誰に匿名で贈り物をするかを示すつながり)。つながりのうち、34が家族間(兄弟)へのつながりで、239が友達間のつながり。

 

(b)ウガンダのある村に住む男性96名の間での贈答ネットワーク。35が家族間のつながりで、151が友達間のつながり。

 

(c)タンザニアのハッザ族の女性103名のネットワーク。住まいを今後ともにしたい理想的な相手は誰かという質問に対する回答に基づいて作成。179が家族間のつながりで、183が友達間のつながり。

 

(d)ホンジュラスの村の住民216名(男性78名、女性138名)のネットワーク。235が家族間のつながりで、505が友達間のつながり。この村では、男女が程よく交じり合っているように見えた(男性を表す青い点と女性を表す赤い点が交互に点在している)。もう一つの注意点として、時計の盤面の1時あたりから7あたりまで一本の線で引かれているようなら、その村は二つの社会的コミュニティに分けられると見ていい。(そこではコミュニティ間よりもコミュニティ内でのつながりの方が多い)。

 

(e)ウガンダでのある村の住民261名(男性121名、女性140名)のネットワーク。173が家族間のつながりで657が友達間のつながり。この村の注目点は、男女が比較的分離しているところ(青い点と赤い点があまり均一の混在しておらず、したがって男性は男性と、女性は女性と付き合う傾向が強いと言える)。

 

(f)インドのある村の住民214名(男性95名、女性119名)のネットワーク。107が家族間のつながりで、569が友達間のつながり。ここでも男女が社会的に分離して、青い点の集まりと会回転の集まりを作っている。これらのデータは、インドの村に関するものを除き、全て研究者が自ら収集したものと発表済みの論文から採取したもの。

 

ウガンダ、ホンジュラス、インドの村に関しては多少異なるネーム。ジェネレーターが使われていますが、つながりの定義全般に、誰から社会的支援を得ているか、誰と一緒に過ごしているかという質問に対する回答に基づいています。

 

そのような相手として、家族を挙げる答えもありました(接点間のオレンジ色の線で示されています)が、ほとんどの答えでは、近しい家族ではない誰かがその対象になっていました(灰色の線で示されています)。

 

人々が築いている社会的ネットワークの構造は、視覚的にも数学的にも、明らかに世界中に通っている。

 

とはいっても、人間のネットワークが他の社会的動物のネットワーク類似していること、および人間の遺伝子が友情に関与している可能性も十分ある。(10)

 

近代化されたネットワークが狩猟採集社会に見られるネットワークと似ているのは、その生来の本質的なからして当然のこと。(11)

 

ちょっと一言

ということで、大体親しく付き合える人って4人か5人くらいみたいですね。

 

よく「親友が1人しかいない」とかっていう人もいますが、それが普通です。

 

後は、家族や恋人を含めれば5人くらいにはなるのでそれでいいと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者: