自分をコントロールするために

科学的根拠に基づいた心理学などを紹介するサイトです。その知識を使って、多くの人に自分の人生を豊かにしてほしいというのがコンセプトです。内容は主に、体やメンタルの健康など、それ以外にも多岐にわたり、使えそうな知識を紹介しているサイトです。

社会心理学

類は友を呼ぶの意味は心理学的に本当か?

投稿日:2018年2月8日 更新日:


類は友を呼ぶ、意味、心理学、本当

 

「類は友を呼ぶ」という諺がありますが、意外と当たっているんじゃないかと思っている人もいると思います。

 

「だって、遊びに行くときは似てる人と良く行く」とか、「いつも行く飲み仲間は意見が合う」とか「恋人と趣味が合う」みたいなことを言う人はいます。

 

ですが、考えてみてください。

 

最初にその人と会った時、価値観や性格が合っていましたか。

 

「そういわれると・・・」。

 

・・・だと思います。

 

実はそれは当たり前のことで、風邪が感染するように心理も感染するのです。

 

今回は10代のことですが、大人でも関係ありません。

 

スポンサーリンク

 

男女の考え方の違い!

ミズーリ大学コロンビア校の繰り言を研究しているアマンダ・ローズによれば、女子は自分の悩みについて話せば、気分が楽になると思っている。(カーリン・フローラによる電話取材)(1)

 

短期的には効果があるかもしれないが、しつこい長話は時間とともに泥沼化していく。

 

話をするにつれて互いの距離が縮まることもあるが、一方で繰り言がうつの原因だとわかれば、気分転換をさせるために散歩などすることを促すこともできるだろうと指摘。

 

逆に男子は、単に賢明な方法ではないと考えていることが調査によって明らかになった。

 

そこで研究者は両者の真ん中をとることが賢明だと示唆。

 

つまり、男子は自分の問題について互いにある程度忠告し合ったり、話し合ったりすること。

 

女子は延々と心配事を話すのではなく、解決策に目を向けてみること。

 

友は類を呼ぶ!

そして、繰り言に関してうつ病そのものが友達の間でうつりやすいこともわかってる。(2)

 

うつ病の友達がいるせいで自分もうつになる若者が多い。

 

研究者は具体的な理由について、うつ病の若者特有の考え方が感染するのではないかと推測している。

 

つまり、「成績が悪かった、なぜかって数学はどうも苦手で、どうもやることなすことうまくいかないんだよな」と考えるか、「成績が悪かった。よし次は対策を立て勉強しよう」と考えるのかの違いだという。

 

その他、友達同士で理想の体型や食習慣について話し合っていると、やがて容姿や体重について、二人とも的外れな考え方を抱きかねない。

 

例えば、友達が極端なダイエットをしていると、自分の健康状態とは無関係に同じダイエットを望む傾向にあった。(3)

 

また、肥満の友達同士も同様。

 

「毎日ファストフードをを食べても大丈夫」というちょっとした価値観の擦り込みが、不健康な食生活をする友達を増やしていく。

 

飲酒の場合は、かなりの飲酒歴を持つ18歳同士が寮で同じ部屋になると、その後、二人の飲酒量はさらに増える。

 

ソーシャル・ネットワーク研究によれば、10代の仲間からのプレッシャーと影響で飲酒量が増えることはあるが、それ以上に自分の恋人とのグループ(友達)からの影響が大きい。(4)

 

実際の確率はなんと81%にも昇る。

 

そして、片思いの場合はさらにその影響力が増す。

 

理由は気に入られようとするから。

 

ということは付き合う前に、「どんな友達と普段何して遊んでの?」くらいは聞いておいた方が良いですね。

 

自分の健康のために。

 

類を友にしてしまうプログラム

例えば、青少年支援プログラムは意図とは違い、残念な結果を招くことがある。(5)

 

効果がないだけでなく、終了後に若者の問題行動をより深刻化させるということ。

 

そういうプログラムで問題のある若者での社会生活プログラムを実践させたところ、本来の意図とは全く逆の結果を招いた。

 

このほか、オレゴン大学のトーマス・ディシオンは、グループ形式で行う心理的介入療法に参加した中学生が、喫煙率の上昇と非行行為の増加が少なくとも3年間見られたことをあきらかにした。

 

よくありますよね、~~プログラムって。

 

そういうものを否定しませんが、この結果を理解すれば、ただやみくもにやっても効果は期待できそうにないですね。

 

ですが、基本的に人間にはあらかじめ自制心というものが備わっています。

 

衝動を抑えられる能力の高い人は仲間からの影響を受けにくいですし、大人ができることは周りから悪い感染を防いであげることです。

 

そうすれば、お互い悪い方向に拍車はかかりませんので。

 

ちょっと一言

類は友を呼ぶのではなく、付き合う相手によって、うつになったり、肥満になったり、飲酒量が増えるということがわかりました。

 

もちろん、そういう人を避けろとは言っていません。

 

人間には自制心があります。

 

その人が自分の友達だと思うなら、間違っていること間違っているというべきです。

 

僕の考え方ですが、それで嫌われるなら付き合わない方が良いです。

 

そういう人のために自制心を常に使うのは無理ですし、いつの間にか自分も同じようなことをやってしまいかねません。

 

自分の人生は大事ですので、友達は選びましょう!

 

そして、前にも同じようなことは書いたことがあるので興味のある方は、

似た者同士が惹かれ合うわけではない!?~男女(カップル、夫婦)、友達が似てくる理由~

を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク