社会心理学

昔から脈々と受け継がれている物語って何か意味があるの!?

投稿日:


今回は物語が語り継がれてきた理由についてです。

そもそも、人間はなぜ話を語ることを始めたのでしょうか。

 

物語は有用な情報の保存に役立つから、というのが一つの説明です。

 

狩猟採集社会では、語りは非常に価値のあるスキルだったという証拠があります。

 

そのために優れた語り手は良い配偶者だと見なされ、物語が人類史の早い段階で根付くことになったのだと指摘されている。(1)

 

人類が物語に込められたどのような種類の物語情報を高く評価するように進化したかについては、競合する2つの説があります。

 

一部の研究者は、生存に関連する物語が最も重要だと指摘しています。

 

人は心の底では、食物や危険がどこにあるかに関する情報をを欲しているのだといいます。

 

嫌悪感のような反応を引き起こす物語がなぜ記憶に残りやすいのかはそれで説明がつきます。

 

また別の研究者は、人の生活は社会的な相互作用に支配されているので、社会的に重要な情報が最も役に立つと主張しています。

 

つまり、人々は社会規範を壊すような関係や行動についての詳細を優先的に思い出すというのです。(2)

 

スポンサーリンク
 

 

物語が人々記憶に残るには!?

ダラム大学のジャニー・テヘラニたちは、文化的伝達を分析するための計算手法を使用して、この2つの説を検証するために都市伝説の拡散を調べた。(3)(4)

 

伝達における多くのバイアスが、物語の内容と構造を変えて、それがどれほど伝達可能であるかを最大化する可能性があることが示唆されている。

 

多くの注目を集めているバイアスの1つは、ボイヤーの最小直感に反する(MCI)バイアス。

 

これは、認知的に最適な数の直感に反する概念が顕著性を高め、したがって物語の伝達を高めることを示唆しています。

 

研究では、「ブラッディマリー」の伝説を使用。

 

これは、文化の伝達と進化に対するMCIの影響を調べるために、計算系統解析でMCI要素を使用した現代(または都市)の伝説。

 

「伝言ゲーム」を真似て、人から人へ伝える。

 

最終的に話を見れば、どれくらい記憶されていたがわかる。

 

その結果、生存または社会に関わる情報の方が中立的な情報よりも記憶に残りやすく、さらに社会的な物語が亜生存に関わる物語よりも成績が良かった。

 

他にも物語の成功を押し上げる要因があります。

伝言ゲームの実験で、物語は伝わるにつれて、短く単純なものになる傾向があることがわかった。

 

つまり、要点は記憶されていても、細かいことは忘れられてしまう。

 

また、直感に反するような考えが含まれていると、記憶に残りやすかった。

 

とは言え、バランスも必要です。

 

物語にはある程度意外性も必要ですが、多すぎてもいけません。

 

成功した物語は一般的になじみ深い要素をふんだんにちりばめ、そこに多少ひねりを効かせます。

 

ゴルディロックスの話では、女の子が母親と父親と赤ちゃんが暮らす家を探索します。

 

ひねりは、それがクマだという点。

 

この物語のトリックは陰謀論が魅力的なわけも教えてくれます。

 

現実の出来事に意表をつくモノの見方を加味してあるからです。

 

ちょっと一言

物語って、社会的な意味があったのですね。

 

まぁ、昔は法律など何もなかったので、多分物語でモラルみたいなものを保っていたのかなと思いました。

 

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-社会心理学

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク