社会心理学

宗教を信じている人と信じていない人とではどちらの方が子供を叩くの!?

投稿日:


 

今回は、宗教を信じている人とそうでない人で子供に体罰をどれくらい与えているかという話についてです。

 

日本では、宗教を信じている人ってあまりいないかと思いますのであまり関係がないと思います。

 

ただ、すくなからずいます。

 

では、子供に体罰を与えやすいのはどちらなんでしょうかね。

 

スポンサーリンク
 

 

信心深い親とそうでない親では子供を叩くのはどちらが多い?

1997年のPSID-CDSの調査では、親に自分の子供を叩いたことがあるかどうかを質問した。(1)

 

それに加えて、自分の生活において宗教が重要かどうかも尋ねた。

 

その結果、信心深い親の方が体罰に積極的な態度をとっていたことがわかった。

 

信心深い親の70%が子供を叩いているといったのに対し、信心深くない親は58%だった。

 

ちなみに、回帰分析を使って、収入、学歴、年齢、子供の性別、人種など、他の特性を統制した。

 

つまり、このデータでは、叩くことに大きな影響を与えることない。

 

また、アフリカ系アメリカ人は子供を叩く可能性が高く、ヒスパニック系の親は叩く傾向が平均以下だった。

 

そして、宗教は他のどの特性よりも大きな影響を及ぼしていた。

 

「叩く」と「叩かない」の相対確率(オッズ比)は1.72倍増加させた。

 

例えば、特定の社会経済的な特徴を持つ信じ深くない親が20%の確率で子どもを叩く場合、同じ特徴を持つ親の確率は30%。

 

これは大きな違いです。

 

ちょっと一言

ということで、あまり子供に体罰を与えないのは宗教を信じていない方でした。

 

にしても、58%っていうのそれでも多いような気がします。

 

子どもを叩くのは、科学的にも良くないということが証明されちゃっているので、叩かないことに越したことはないと思います。

 

いくら日本人が宗教を信じていない人が多くても、結構子供を叩く人は多いのではないでしょうか。

 

ただ、人前でたたいていないだけであって、ところも個人的にはあるような気がします。

 

まぁ、くれぐれも手を出さずに口できちんと説明するように心がけてください。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-社会心理学

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク