社会心理学

ツイッターの書き込みである程度個人情報がわかってしまうかもしれないという研究!

投稿日:


 

多分、どなたでも何かしらのSNSをやっているのではないでしょうか。

 

インスタグラム、フェイスブック、ツイッターなど。

 

今回はそういうSNSで個人情報がある程度わかっちゃうよという研究を紹介します。

 

とは言っても、電話番号や住所がわかるわけではありませんので安心してください。

 

スポンサーリンク
 

 

ツイッターで個人の特徴がわかる!

名古屋大学の研究者たちは、機械学習アルゴリズムを使用して、日本語のツイートのテキストから性別、職業、年齢層などの個人属性の予測できるかどうかを調査した。(1)

 

そして、調査会社を通じて約600人の対象者を集め、性別や年齢、犬派か猫派か、ストレスを感じやすいか、フェイスブックには150人以上友達がいるかなどの質問をした。

 

収集したツイートを自然言語処理という方法で処理し、50個のツイートをまとめたものを入力として、機械学習させた。

 

その後、12種類の個人属性のそれぞれを2択で当てられるかどうか調べた。

 

その結果、機械学習アルゴリズムが60~70%の精度で対象の3つの個人属性を予測できることがわかった。

 

「フェイスブックの友人は150人以上いるか」という交友関係の情報も、ツイッターの書き込みからある程度予測できた。

 

ちなみに、150人というのは「ダンバー数」と呼ばれている数で、人がお互いに影響し合える上限。(2)

 

また、性別や年齢層などの基本情報は高い精度で予測ができ、「専門書を読む」などの個人的な特徴もある程度予測できた。

 

ちょっと一言

まぁ、これはコンピューターの話ですが、別に生身の人間でも使えます。

 

例えば、仲良くなりたい人がいれば、その人のページをさかのぼった利して情報を集めて、会った時にそこによく載せていることを話題にすれば、一気に仲良くなれます。

 

「でも、そんなことをしたら気持ち悪がられるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、SNSは見てほしいからあげているのですし、反対にあなたがそう言う話題を誰かから降られたら嬉しいはずです。

 

だからといって、全てのSNSをすべてさかのぼって、ウラアカまで知っていたら、それはさすがにやりすぎなので、ちょうど良いところにとどめておいてください。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク