社会心理学

ツイッターをする人の特徴的な心理!~ツイートの80%は自分のことだという事実~

投稿日:


 

ツイッターをやっている人はたくさんいると思います。

 

中には、フォローしていて、「ウザいな、コイツはいつも自分のことばっかで」とか、「へ~」思わせてくれるような情報を流してくれ良い人もいると思います。

 

今回は、そういう人たちを分け、どういう特徴があるのかという研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

ミーフォーマーとインフォーマー

ラトガース大学のモ・ナーマンたちは、350人の3000以上のツイートを分析し、ツイッターユーザーが2つのタイプに分かれることを明らかにした。(1)

 

1、ミーフォーマー

“ミー”、つまり自分のことについて言及する人。

 

自らの現在の行動(気分、思考、感情なども含む)についてのツイートが多い。

 

だが、フォロワーとのやりとりは少ない。

 

2、インフォーマー

インフォーム、つまり他者に中を知らせることを主な目的とする人のこと。

 

情報共有のツイートが多く、ミーフォーマ―よりフォロワーが多く、やり取りも多い。

 

ツイッターユーザー全体では、ミーフォーマーが多い。

 

そして、研究対象となった全ツイートの80%はミーフォーマーによるものだった。

 

また、この研究は次のように要約されている。

「インフォーマー」は情報共有のためのメッセージ(何らかのリンクなど)を投稿することが多く、「インフォーマー」は研究者が「ミー・ナウ」と呼ぶメッセージを投稿する傾向が高い。

 

ミーナウ型の投稿内容は、その時のユーザーの考え、所在地、状況などをフォロワーに知らせる近況報告的な情報のこと。

 

インフォーマーは社会的な関心が高く、世の中の出来事に活発に関わる傾向がある。

 

フォローするなら、インフォーマーの人が良いですね。

 

ちょっと一言

80%のツイートがミーフォーマーであって、80%の人たちがミーフォーマーではないところは注意が必要ですね。

 

でもまぁ、ミーフォーマーの方がインフォーマーよりはかなり多いのは事実だと思います。

 

また、現実の世界でもそういう気がします。

 

ですが、最近思うのは人と話そうとしても、なかなか自分のことを言おうとしない人が多い気もします。

 

だから、ツイッターでつぶやくのですかね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク