社会心理学

他人の不幸は蜜の味ということわざの意味は心理学的に正しい!?~人の不幸を喜ぶメカニズムとは?~

投稿日:2018年6月11日 更新日:


他人の不幸は蜜の味、ことわざ、意味、心理学、人の不幸を喜ぶ、メカニズム

 

人間は自分自身の良さを感じるように動機づけられているようです。

 

つまり、自分についてのポジティブな感情を維持するために、手立てを探っているのです。(1)(2)(3)

 

その頼りになる方法が、自分たちが価値を置いている属性について他者よりも優れている自分を見つけ出すことです。

 

自分がネガティブな時に、相対的に自分より劣った人を見ると・・・

 

スポンサーリンク
 

 

「他人の不幸は蜜の味」はどんなときに感じるのか?

オランダの社会心理学者、ウィルコ・ヴァン・ダイクらは、一連の研究を通して、人が自分より劣った人物を見ると、どういう感情を抱くのかを調べた。(4)

 

最初の研究では、実験参加者は優秀な学生のインタビューを読んで、その学生が卒論で失態を犯すことを知る。

 

参加者たちは、インタビュー記事を読む前に、これとは別の研究であるかのように見せかけた調査でよく使われる自尊心についての項目への回答が求められていた。

 

その結果、自分について快く思っていない人ほど、学生の失敗をより喜んだ。

 

この結果については、別の測度を用いたより詳細な分析でも強く示された。

 

優秀な学生の記事を読んだ直後の参加者は、記事の学生と比べることで嫌な気持ちにさせられたかどうかについて、回答を求めた。

 

分析の結果、自尊心の低い人が学生の卒論での失敗を喜ぶ傾向は、記事の学生と比べて、自分は及ばないという感情とも結びついていた。

 

ようは、自尊心の低い人は人の失敗を喜びとして感じる時、自分が学生よりも劣ると思うことで痛みも感じていたということです。

 

自己肯定が自尊心を高めてくれる!

次の研究では、手続きは同じだが、参加者の半数には優秀な学生のインタビュー記事を読んでもらった直後で、まだ学生の失敗を知る前に、自分たちが価値を置いている点について「自己肯定」させる教示が与えられた。

 

もう半数の参加者には、そのような機会は与えられず、最初の研究と同じような反応のパターンが見られた。

 

一方、自己肯定した参加者たちは、記事の学生の失敗をあまり喜ばなかった。

 

つまり、自己肯定が社会的比較の悪影響を防ぐことができた。

 

人の失敗を喜ぶことは自尊心の低い表われなので、自己肯定してあげればいいということですね。

 

自尊心を低くしてしまう原因は?

さらに三つ目の研究では、参加者のパフォーマンスに偽のフィードバックを与えてから、彼らが他者の不幸にどう反応するかを検証した。(5)

 

まず、知的能力に関連があると示された課題を行った参加者が、作業終了偽にそのスコアは全体の下位10%だったと告げられた(ちなみに、統制条件では何のフィードバックも与えなかった)。

 

そして、ある雑誌記事を読んでもらった。

 

それは、パーティーで目立とうとして高い車を借りた学生が、会場に着いて車を駐車場に止めようとしたところ、運河に落ちて、せっかくの車が台無しになった、というものだった。

 

その結果、自分の知的能力についてネガティブなフィードバックを与えらた参加者たちは、何のフィードバックも与えれなかった参加者より、この不幸を喜んだ。

 

自尊信を高く維持しておくには、ネガティブなことを言ってくる人はあまり話さないほうが良いみたいですね。

 

ですが、仕方なく仕事などで、上司から負のフィードバックを与えられたら、自分で言い換えましょう。

 

自分にポジティブなフィードバックを与えれば、自尊が低下することはありません。

 

ちなみに17世紀の作家、フランソワ・ド・ラ・ロシュフコオは、「もし、我々が欠点を持たなかったら、他の人の欠点に気付く場合に、こうまで嬉しくないはずだ」という格言を残しています。(6)

 

もっともですね。

 

ちょっと一言

人と比較して自分が劣っていたり、ネガティブなフィードバックがあると、他人の失敗を喜んでしまうというこでした。

 

これを防ぐには、人普段から比べないようにしたり、自分の良いところを自分で見つけたり、友達同士で良いところを探し合うこともいいかもしれませんね。

 

そうすることにより自尊心が高い状態が維持できるので、他人の失敗を喜ばず、また心に余裕があるので、その人をサポートできるかもしれません。

 

サポートすれば、相手から感謝され、さらに自尊心が高まりますし、良い人間関係も築けます。

 

反対に、他人のミスを喜んでしまった時は要注意です。

 

それは、自尊心が低くなっている証拠なのですから。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-社会心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク