社会心理学

迷信を信じる人の割合は?~迷信に根拠なんかないのに~

投稿日:


迷信、信じる、人、根拠

 

みなさんは迷信を信じますか。

 

多分、信じているはずです。

 

なぜなら、これから紹介する統計が物語っているので。

 

ですが、なかには「そんなもの信じないよ」と思っている方もいると思います。

 

ちなみに、ウィキペディアで「迷信」と検索したら、その定義は、「合理的な根拠を欠いたもの」と書いてありました。

 

スポンサーリンク
 

 

迷信を信じる人はどれくらいいるの?

2005年に実施されたギャラップ世論調査(アメリカの世論分析家によって設立されたアメリカの世論調査書が行う世論調査)では、1000人を超える成人に、次に挙げる10項目についてどう思うか、「信じる」、「何とも言えない」、「信じない」の3つの回答から選んでもらった。(1)

 

信じると回答した人の割合は括弧内に示す通り。

 

超感覚的知覚(41%)

お化け屋敷(37%)

幽霊(32%)

テレパシー(31%)

透視能力(36%)

占星術(25%)

降霊術(21%)

魔女(21%)

生まれ変わり(20%)

憑依(9%)

 

集計すると、アメリカ人の大半(73%)が10項目のうち、少なくとも1つは信じていた。

 

それに対して、どれも信じないと回答した人は、27%にとどまった。

 

この数字は過去15年間にわたってほとんど変化しておらず、1990年、1991年、1996年、2001年の調査結果とほぼ同じ。

 

これはアメリカの調査でそっくり日本人には当てはまるかどうかはわかりません。

 

ですが、この記事を読んでいるあなたは、73%の中に入っている可能性は高いです。

 

なぜなら、そういうことに興味を持ってこの記事を読んでいるはずですから。

 

それが良いとか悪いとかではなく、人間が信じているものの多くは合理的な根拠なんかないのです。

 

心理で言えば、例えば、愛情、嫉妬、ユーモアです。

 

それを合理的な根拠に基づいて説明してくださいと言われば難しいですよね。

 

その他にも、有名人が宣伝している健康食品を例にとりますと、ほとんどの人が成分や科学的根拠を知らずに買ってしまいますよね。

 

といようなことを考えていけば、ほとんど合理的な根拠で行動をしている人の方がごくわずかだと考えた方が自然なような気もします。

 

僕も普段笑えるテレビは観てしまうのですが、「何で観るの」と言われれば、「面白いから」としか答えようがありません。

 

ちょっと一言

アメリカ人は全体で73%の人が、何らか迷信を信じていることがわかりました。

 

僕自身、科学を信じていますが、そういう超常現象があったらあったで楽しいかなと思っています。

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク