社会心理学

長時間助け合うゲームをやっていると、現実世界でも自然に手助けができてしまう!?

投稿日:


 

僕が子供の頃は、「ゲームばっかやっているとバカになるわよ」とよく母親に言われました。

 

だいたいの親は今でも、ゲームにネガティブな感じを持っているのではないでしょうか。

 

「ゲーム=悪」みたいに。

 

ところが、ゲームにはいろんな良い側面があることがわかっています。

 

今回は、その1つのお互いを助けるゲームの良い側面について紹介します。

 

理論的には、ゲームキャラクターが非暴力的な方法でお互いを助け、サポートするゲームは、短期的および長期的な向社会的行動の両方を増加させるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

ゲームでよく人助けをする人は・・・!?

アイオワ州立大学など世界中の8大学で構成されたコンソーシアムの研究者たちは、援助が求められゲームのプレイ時間とプレイヤーの現実生活での援助行動意欲の関係があるのかどうかを検証した。(1)

 

そのために、3つの年齢グループ(13歳以下の子供、ティーンエイジャー、大学生)でそれぞれ調査を実施した。

 

そして、合計3000人以上の若いゲーマーたちを対象にした。

 

その結果、お互いを助け合うゲームを長時間プレイしている若者たちは、プレイしない若者たちよりも実生活で友達や家族、近所の知らない人にも手助けを行う傾向が確認された。

 

より向社会的なゲームをプレイしたシンガポールの中学生がより親しみをもって行動していた。

 

日本の子供と青年の2つの縦断的サンプルでは、向社会的ゲームプレイは、向社会的行動の増加することがわかった

 

また、助け合うゲームをプレイするためにランダムに割り当てられた米国の大学生は、別の学生に対してより親近的に接していた。

 

この研究に携わったミシガン大学のブラット・ブッシュマンは、「これらの調査結果は、高社会的なゲームと援助行動の間に良い循環があることを示している」と言っている。(2)

 

ゲームの中でよく人助けをする人は、現実世界でもよく人助けをするってことですね。

 

ちょっと一言

どうでしたか。

 

これならゲームも悪くない、いや、むしろ良いと思いませんでしたか。

 

例えば、よく兄弟げんかをする子供たちにそういうゲームをやらせてみるのもありかなと思います。

 

助け合うこと自体、心理学的に幸福感を高めてくれたり、と良いことがあるのでやらせてみる価値はあるのでは。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク