社会心理学

20年くらい前の国連の様々な国の外交官には特権が与えられていたが、国によって振る舞いが違っていたみたい!

投稿日:


 

今回は20年くらい前の国連の様々な国の外交官の振る舞い(違反)についてです。

 

国によって考え方が違うのは当たり前です。

 

実は、汚職は極めて社会的な行動であり、周りの人たちが法律を軽く見ていれば、自分も法律を無視する可能性ははるかに高くなります。(1)

 

格差のある社会階層で自分の属していない階層の規範をどう眺めるかを映し出しています。

 

地理に根差した同類性の強さに照らせば、汚職の社会的側面は世界の場所によって様々にレベルが異なります。

 

人はよその国にいる時でも自国にいる時と同じようにふるまうことがよくあるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

国連の様々な国の外交官を見ると!?

シカゴ大学のレイモンド・フィスマンたちは、ニューヨークの国連職員の駐車行動を分析することにより、その国の人の腐敗や文化的規範と法執行を調べた。 (2)

 

2002 年までは、外交特権が国連の外交官を駐車違反取り締まりから保護していたため、外交官の行動は法律を破っても原則として訴追されなかった。

 

現地の法律をすべて認識されていないと見なされ、裁量の余地が与えられていた。

 

ちなみに赴任国はその国に赴任中の外交官に、逮捕の名目で圧力をかけてもいけなかった。

 

国連はニューヨークにあるため、世界のほとんどの国がそこに外交官を置いていた。

 

そして外交特権があるということは、彼らが好きな場所に注射をしても違反切符を無視しても、警察にはほとんど何もできなかった。

 

汚職の多い国からの外交官 (既存の調査に基づく指標に基づく) は、著しく多くの駐車違反を繰り返していた。

 

1997年から2002年にかけて、世界中からやってきた外交官が切られた違反切符は、罰金の未払いが15万枚にのぼり、罰金の総額は1800万ドルにもなっていた。

 

ほとんどの違反は、駐車してはいけない場所(バス停や消火栓の前など、駐車禁止の場所)に注射するものだった。

 

そして2002 年、執行当局は違反者の外交ナンバー プレートを没収した。

 

それに応じて、未払いの違反が大幅に減少した。

 

出身国による違いはかなりあからさまに表れていて、外交官は自国の規範に沿って行動する。

 

自国で日常的に違反行為を経験している外交官は、赴任国で法律を無視して違反切符を切られる可能性が高い。

 

もちろん、違反がゼロだった国もあった。

 

カナダ、デンマーク、日本、ノルウェー、スウェーデンといった国々。

 

どれも汚職そのものが少ない国。

 

一方、エジプト、チャド、スーダン、ブルガリア、モザンビークのように外交官一人につき100件を超す違反があった国は、自国の汚職の発生件数もはるかに多い。

 

国際透明性機構が毎年発表している腐敗認識指標という指標に照らして「腐敗(汚職)の多い国」の外交官の一人当たろの未払い駐車券が平均でおよそ23枚、「汚職の少ない国」では平均12枚強だった。

 

またクウェートの腐敗指数はマイナス1.1なのだが、違反切符の枚数が突出して多く(外交官外交官一人当たり250枚)、図が圧縮されてしまうので除外した。

 

これは違反切符の多さといい、腐敗指数が平均より低いことといい、正真正銘の外れ値(フィスマンたちによるクウェートの腐敗指数は、インドやブラジル、ブルガリアなど腐敗度が高い国のレベルに近いとする、他の多くの指標と一致していない可能性がある)。

 

それでも引用したすべての数字にはクウェートを含めても国の腐敗と外交官に切られた違反切符の数との間には重要な相関関係があった。

 

23枚と12枚の数字には、「腐敗の少ない国」の方にクウェートを入れて計算している。

 

この計算からクウェートを外すと、「腐敗の少ない国」の違反切符の数の平均が8枚下がるので、さらに明確な対比になる。

 

ちょっと一言

外交官ってそんな特権があっただなんて初めて知りました。

 

ただ、それによって社会心理学の研究でわかったこともあったので、それはそれでよかったのかなと思いました。

 

どこの国の人も自分の国の慣習で動くみたいだったので、世界中からいろんな国の外交官を調べれば、その国がどんな国なのかわかるというのは興味深かったですね。

 

こういうことをもっと多角的に調べれば、その国がどんな国か見えてくるので個人的にはそういう色んな研究を知りたいと思いました。

 

後、日本も腐敗はありますが、他の国ほどじゃないみたいでしたね。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者: