社会心理学

フェイクニュースは事実より圧倒的に速く遠くまで拡散してしまう!

投稿日:


 

現代では、情報がすぐにネットで見られます。

 

その一方で、真実かフェイクかわからないこともよくあるかもしれません。

 

できれば、誰だって真実だけを知りたいと考えますが、なかなかそういうことを見抜くのは至難の業ではないかと思います。

 

そこで、今回はツイッターを使った大規模な研究で、真実とフェイクどちらが拡散しやすかったり、どちらがどのような感情表現の言葉を使っているのか、という内容を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

事実と誤情報、どっちの方が伝わりやすい!?

マサチューセッツ工科大学のソロウス・ヴォースーギたちは、2006年から2017年にかけてで、ツイッターで配信されたすべての検証済みの真と偽のニュースストーリーの拡散の差を調査した。(1)

 

データには、450万回以上、300万人がツイートした約126,000のストーリーが含まれて、事実は2万4400件で、フェイクは8万2600件を対象にし、それらの情報の性質を定量化した。

 

この研究の目的は、リツイートのリレーを追うことだった。

 

あるユーザーがリツイートすると、そのユーザーのフォロワーにその情報が伝番する。

 

したがって、フォロワーが複数いれば、リツイートもそれだけ多くなり得る。

 

つまり、リツイートされれば、枝分かれしながら上流から下流にその情報が流れていく。

 

その分析の結果、ツイッタ上での情報のリレーに関して、次のような特徴がわかった。

 

・深さ:事実が連続でリツイートされるのはせいぜい10回だったのに対し、フェイク情報がさらに多くリツイートされ、中には19回も連続でリツイートされるももあった。

 

・サイズ:事実は1000人以上にリツイートされるのはまれだったのに対し、フェイクはもっと奥の人にリツイートされ、中には数万人規模のものもあった。

 

・最大幅:事実は1000人以上にリツイートが枝分かれすることはまれだったのに対し、フェイクはさらに多くの分岐があり、中には数万人規模のものもあった。

 

・速さ:最初の投稿がリツイートされるまでの速さは誤情報の方が事実よりも20倍も速く、1500人に届くまでにかかる時間も誤情報の方が事実の6倍速かった。

 

虚偽は、すべてのカテゴリーのニュースで、真実よりもはるかに遠くに、より速く、より深く、そしてより広く拡散し、その影響はテロ、自然災害、科学、都市の伝説、または金融情報についての誤ったニュースよりも、誤った政治ニュースに対して顕著だった。

 

また、偽のニュースは真のニュースよりも魅力的であることが示唆された。

 

さらに、誤情報がリツイートされる確率は事実と比べて、70%も高く、その傾向は年齢やフォロワーの数に関係なかった。

 

そして、誤情報の拡散はボットよりも人間の影響の方が大きいことがわかった。

 

また、研究グループはランダムに抽出したツイートの内容を分析し、拡散される誤情報内容についても調べた。

 

その結果、誤情報に対する反応はには恐怖、嫌悪感、驚きという感情を刺激する言葉の割合が多かったのに対し、事実に対する反応には不安、期待、悲しみ、喜び、信頼などという言葉が多かった。

 

研究グループは、「誤情報方が真実より広がりやすいのは、フェイクの方が新規性を感じやすいし、だから噂になりやすいからだ。また、フェイクに接した人が驚きや怖れ、嫌悪感などの感情を抱いて、それを共有したがるのではないか」とコメント。

 

ちょっと一言

これである程度読みやすくはなったのではないでしょうか。

 

人間って新しいことに惹かれる性質があるので、それと同時に嫌悪感や恐れなどという感情表現が出てきたら、それはフェイクではないかと考えてみるとよろしいのではないでしょうか。

 

もちろん、全部が全部それに該当するわけではありませんので、最終的にはやっぱり自分の頭で考えることが一番重要だと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク