社会心理学

ブログを書く人の心理学!~ブログを定期的に更新する人って!?~

投稿日:


 

僕は、何とかブログを毎日書いています。

 

そのほとんどが心理学のですが、その中でも今回は自分についてのことについての研究を見つけました。

 

定期的にブログをやっている人って、どんな人なの?っていう研究です。

 

自分のことになると少し緊張しますね。

 

スポンサーリンク
 

 

ブログのメリット!

ブログに関する研究では、ブログを定期的に書くという行為に7つの「利用と満足」があることを見いだしている。(1)

 

「自分の考えを記録する」「文章がうまくなる」「いつでも度でもアクセスできる」「他者と情報が共有できる」「楽しい時間を過ごせる」「社会に貢献できる」。

 

ブログをやるとそういうメリットがあるのですね。

 

自分の考えややってきたことを記録する、ブログをやっていると楽しい時間、ほんの少しの社会貢献感とか当てはまっていると思います。

 

アパラチア州立大学のショーン・バーグマンたちの研究では、「他者からよく見られたい」「自分が特別な存在であると感じたい」など、正常ナルシズムに関する欲求が満たされることがわかった。(2)

 

よかった~、ナルシストじゃなくて正常なナルシストで。

 

というか、ブログでも何でも認められたいという欲求は誰にでもあるような気はしますが。

 

ちょっと一言

ブログのメリットが7つもあるなんて思いもよりませんでした。

 

一番心配なのは文章がうまくなっているかどうかですね。

 

文章がうまくなったかどうかって測りようがないので、難しいですけど。

 

ただ、最初の頃よりは少しましになっている・・・と願いたいです。

 

文章も筋トレみたいに、重りがあれば○○kg上げられたとわかり、レベルアップを簡単に感じられたら良いのにな~。

 

また、ブログをやっている人で続かないなら、上記の7つ(1つでもいいですが)を意識すると、モチベーションが高まり、続けやすくなると思います。

 

心理学的にも、自分のやっていることが誰かの役に立っていると感じるだけでモチベーションが高まることがわかっていますので、そういう風に意識してみるだけでもいいと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク