社会心理学

スーパースター級の教授がいるだけで学部全体の生産性が54%も上がるぞという研究!

投稿日:2020年12月4日 更新日:


 

今回はスーパースター教授の影響についてです。

 

まぁ、普通の大学にはほとんどいないかと思います。

ここでいうスーパースター教授っていう人は論文などがかなり引用されている人のことです。

 

ですので、トップレベルの大学にはいる可能性はあるかもしれません。

 

で、そういう教授がいるならその大学に入った方が勉強がはかどるかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

スーパースター教授がいるだけで生産性がかなり上がる!

トロント大学大学のエージェイ・アグラワルたちは、現代の科学分野における現職およびその後の採用(「参加者」)の生産性に関する豊富な縦断的データセットを使用して、スターが重要となる可能性のあるチャネルの範囲を調べた。(1)

 

スターを採用することによる現職の生産性への影響を調べ、スターに関連する現職と関連しない現職を区別した。

 

また、スターが就任した後に新しく入ってきた教授の質に与える影響を調べ、関連する参加者と関連しない参加者を再度区別した。

 

最後に、現職の効果が雇用機関のランクによってどのように媒介されるかを調べた。

 

これらの結果を総合すると、スターの位置が知識の生成にどのように影響するかを調べて、知識集約型の活動の空間的編成を推進する力をよりよく理解することができた。

 

調査設計には、部門の知識の生産性、既存の生産性、および参加者の質に対する最初のスターの最初の動的な影響を調べることが含んだ。

 

引用加重出版物の上位10分の1にある個人としてスターを特定し、1980年から2008年までの29年間で約15万件の記事を出版した255の進化生物学部門のサンプルに基づいてスターの就任効果を推定した。

 

スターの就任の前後の「処理された」学部と「管理」学部の生産性/知識ストックを比較する、差異の違いの推定アプローチを採用した。

 

これらの推定された「スターの効果」を因果関係として解釈できまるかどうかを調べた。

 

観測されたスターの就任が、すでに進行中または到着と同時に発生する効果と相関していること。

 

因果関係を明らかにするために、就任前の傾向を注意深く調べ、大学/学部レベルのリソースの管理を含め、同じ場所にいない科学者が学部に移動する「リスク」に基づいてスターの就任後も調べた。

 

その結果、

 

  • スターの就任後は、平均して学部レベルの生産性は54%増加した。

 

ただ、スター効果のかなりの部分は間接的だった。

 

それでも、スターの直接的な貢献を取り除いた後でも、学部全体の生産性は48%増加した。

 

学部の規模を調整することで推定される学部の生産性に関しては、スターの貢献を除外すると26%の増加が見られた。

 

・これは、観察された間接的な生産性の増加の多くが、規模だけでなく学部の品質の向上によるものであることを意味した。

 

  • スターが去った8年後の、効果は減少していなかった。

 

ですが、スターがなくなった時はどうも違うようです。

 

スーパースター教授の突然死の影響!

MITのピエール・アズレイたちは、スーパースター教授が突然亡くなった時にどんな影響を及ぼすのか調べた。(2)

 

その結果、スーパースター教授の死後、協働研究者の生産性(論文発表率)が5~8%も低下していた。

 

しかも、この突然死の影響は一時的なものではなかった。

 

共同研究者のキャリアを通して、恒久的にその悪影響が見られた。

 

これはあくまで突然死の話ですが、ダメージは計り知れませんね。

 

ちょっと一言

まぁ、いちいち出版物の引用数を調べて大学を選ばなくてもいいと思いますが、でもいてくれたことに越したことはないと思います。

 

だから、みんなある程度いい大学に行きたがるという面もあるかもしれませんね。

 

そして、大学もそういう教授を育てていくのもいいかなと思いました。

 

専門分野が各大学で違ってスーパースター教授が出れば、日本全体の大学の学力も上がるかもしれません。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-社会心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク