ストレス

適度なストレスは人生をより良いものにしてくれる8つのメリットとは!?

投稿日:


 

今回は、短期的なストレスはむしろメリットがあるよという記事を見つけたのでそれを紹介します。

 

一般的にストレスは良い影響がないと思われていると思いますが、短期的には体への影響は必ずしも有害ではありません。

 

副腎がストレスホルモンであるコルチゾールとアドレナリンを血流に放出して「アドレナリンラッシュ」を引き起こすと、身体は肉体的および精神的な注意力の高い状態を活性化します。

 

そもそも、ストレスは生き残るために必要不可欠なものです。

 

脅威があれば、そこで考えるより素早い行動が求められます。

 

ストレスホルモンは身体に心拍数の上昇、筋肉の緊張、消化と生殖の抑制など多くの生理的変化を加えます。

 

そして、それが長く続いてしまわない限り、メリットが8つもあるというのです。(1)

 

スポンサーリンク
 

 

ストレスには8つのメリットがある!

1、締め切りに間に合わせられる

体がアドレナリンで満たされいるとき、脳は集中し、そして認知課題をより迅速に処理することができます。

 

2、視力はより良くなる

アドレナリンは、知覚された脅威に反応するように体を刺激することを目的としているため、アドレナリンの放出の結果の1つは、目の瞳孔の拡張です。

 

瞳孔が広がると、より多くの光を取り入れることで視力が向上します。

 

3、呼吸が楽になる

ストレスは不快なものに感じさせるかもしれませんが、アドレナリンは平滑筋にリラックスするように伝えます。

 

これには肺の細気管支が含まれ、呼吸を楽にさせてくれます。

 

そのため、喘息患者は通常、体内で大量のアドレナリンを生成し、発作中にさらに多くのアドレナリンを注射されることがあります。

 

4、他の経験が高められる

例えば、ホラー映画を見ると、血圧が急上昇する可能性があります。

 

では、なぜ人々はそれを楽しむのでしょうか?

 

映画をオフにした後も、警戒心と興奮の状態が続くことがよくあります。

 

研究者はこれを「興奮の伝達プロセス」と呼び、その後に経験する良い(または悪い)感情を強め、より多くの経験が高められます。

 

5、痛みを和らげられる

ひどい怪我をした人は。血流がアドレナリンとノルアドレナリンで飽和しています。

 

その時、生き続けたいという結果として生じる欲求によって、痛みを麻痺させてくれます。

 

6、免疫システムが高められる。

慢性的なストレスはエネルギーを消耗させる可能性がありますが、アドレナリンが短期間に少量で分泌されると、良い効果をもたらす可能性があります。

 

それは少なくとも一時的に、感染症と戦う能力を向上させてくれるのです。

 

7、少し強くなれる

例えば、両親が子供救助するために巨大な車を持ち上げているという話は、研究者はストレス下にあるときに個人の絶対的な力にアクセスすることが可能であると信じているようです。

 

老化を遅らせることができるかもしれない

アレナリンの短時間の分泌は、分子レベルでの体の中で、老化や組織の損傷を引き起こす可能性のあるフリーラジカルと戦う、システム内を循環する抗酸化物質の数を増やすことによって老化を防ぐ反応を起こします。

 

ちょっと一言

いかがでしたか。

 

ストレスは一様に悪いものではないことがわかっていただけたかと思います。

 

もちろん、会社勤めをされている方は一日中ストレスにさらされていることもあると思います。

 

だから、休憩中はスマホなどを見ずに公園をのんびり散歩してみては。

 

そうすることで、リラックスできますので。

 

最強のリラックス方法は自然に触れ合うことなので、デスクに観葉植物を置いておくのもいいと思います。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-ストレス

執筆者: