ストレス

ストレス解消法はユーモアと笑い、そして嫌なことをポジティブに!

投稿日:2017年10月2日 更新日:


ストレス解消法

 

僕のサイトに訪れてくる人は、ストレスや不安に対する記事をよく読んでくれます。

 

やっぱり、みんな、それが悩みのかなと思いまして、今までは瞑想や運動、または自分の感情を書くとストレスが軽減したりとする内容を書いてきましたが、今回はもっと簡単なものがないかと探していたら、見つけました!

 

それはユーモアと笑い。そして、嫌なことをポジティブに考えることです。

 

ようは楽しい気分でいればいいということです。

 

スポンサーリンク
 

 

ストレス解消法は笑うこと!

1989年に、60分間のビデオを被験者に見せた実験があり、コメディビデを見ると、被験者のコルチゾール濃度とエピネフリン濃度が下がることがわかった。

 

つまりストレスホルモンが生む悪影響を笑いが緩和してくれるということ。

 

試験前のストレスはポジティブに

ハーバード大学のジェレミー・ジャミーソンらが行った実験では,試験を受ける前に神経質になったり興奮したりすると、成績が良くなると信じるように学生を指導した。

 

つまり試験前の心の状態を(実際にはそうではないが)、ポジティブなものと認識させることで、受けてるストレスをポジティブな要素に変えたということ。

 

学生たちは、この指導を大学院入学試験前に受けている。

 

そして、この指導を受けなかった対照群の学生たちと比べると、実験群の学生たちは、演習中のテストでも3か月後に行われた試験でも成績が良くなることがわかった。

 

ポジティブな出来事を考えることは、気分を良くして、幸福感が増し、ストレスレベルを下げてくれるのでストレスのあることにこういう風に考えれば、達成しやすくなります。

 

ただし、ストレスが全部悪いわけではなく、やみくもにポジティブに考えると、うまくいかなくなってしまいます。

 

この実験でも、ストレスが良くないと思っている認識をポジティブな要素に考えるようにしたというのがミソです。

 

この考え方はメンタル・コントラスティングにも通じるとこで、まずはポジティブな目標達成を思い描き、逆算して、では現実的にどうすればいいのかを考えると、目標達成しやすくなるというテクニックです。

 

併用して使ってみてください。

 

ちょっと一言

コメディ、お笑い、何でもいいので笑えれば、ストレスは減り、嫌なことでもそれが良いこと、ポジティブなことだと認識すれば、目標達成しやすくなるということでした。

 

どうしてもできないという方はありりのままを観察すると、今まで気づかなかったことに気付けることもあります。

 

後はその感情を紙に書いたり、軽く運動すると、ストレスは軽減されますので余裕が生まれます。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-ストレス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク