ストレス

ストレスを減らす方法は親切にしまくればいい!

投稿日:2019年4月10日 更新日:


ストレス、減らす方法

 

どんな人にもストレスはあります。

 

ですが、なるべくならストレスを抱えたくないと思いますよね。

 

もちろん、ストレスには良い作用もあり、それが成長のきっかけになることだってあります。

 

ただ、どうでもいいストレスはいやでもやってきます。

 

じゃあ、どうすればいいかと言いますと、とにかく不快に感じなければいいのです。

 

スポンサーリンク
 

 

ストレスを発散するより親切を!

イェール大学医学大学院の研究者たちは、77人の参加者に毎晩、スマホで自動音声を受信し、その指示で1日を振り返るという作業を2週間続けてもらった。(1)

 

参加者は仕事や人間関係、健康、その他の分野でのストレスを感じた出来事と、自分でした親切な行為をオンラインで記録することになっていた。

 

親切な行為とは、例えば、後から来る人のためにドアを開けていたとか、宿題を手伝ったとか何でもよかった。

 

その結果、報告した親切が多い人ほど、マイナスの感情が少なく、ストレスも少なかった。

 

例えストレスを感じる出来事が多い日でも、小さな親切行動がたくさんあった場合には、その出来事が感情や幸福感にほとんど、あるいはまったく影響を与えなかった。

 

反対に、あまり親切な報告をしなかった日には、ストレスを生んだ出来事に対して、マイナスの感情を余計に経験していた。

 

つまり、生活の中の親切レベルが上がれば、マイナスの感情とストレスのレベルが下がるということです。

 

さらに、ストレスの多い出来事を経験していても、親切にしていればマイナスの感情は和らぐのです。

 

また、別の研究では、敵対し合っていて、しかも胸の痛みを感じている人たちに、お互いの洗濯物をしてもらったところ、この親切行動で胸の痛みが和らいでいた。(2)

 

洗濯するだけでというところがすごいですよね。

 

ちょっと一言

親切にすればするほど、嫌な感情がなくなるということでした。

 

ということは、親切な人はストレスをあまり感じていないので、そういう人と付き合ってみるのもいいと思います。

 

そうすれば、いつの間にか自分も親切な行動を勝手にとっていくので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ストレス

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク