ストレス

タッピングで不安やうつ病が45%軽減されるされるという研究!

投稿日:2019年10月26日 更新日:


 

今や、不安やうつっていうのは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

 

それが一時ならいいのですが、長期間にわたると心身に色んな悪影響をもたらします。

 

今回は、そういうことを防ぐ研究を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

タッピングをするだけで不安が軽減!

アリゾナ大学のオードリー・ブルックスたちは、介護や福祉関係で働く人たちを対象に研究を行った。(1)

 

対象者は、カイロプラクティック、看護師、精神医療セラピスト、医師、そして代替医療の職に就いている人たちだった。

 

そして、その人たちにタッピングの1日講習会の前後で精神的苦痛をどの程度抱えているかを測定した。

 

最終的に、5つのワークショップの参加者、216人が研究対象となった。

 

その結果、たった1日で不安やうつなどの精神的問題が45%も減少し、半年後に追跡調査を行うと、タッピングを継続している人たちのストレスの度合いは、やめてしまった人たちより低かった。

 

ちなみに、この研究のストレスの閾値(範囲)は60点で、それを超えると不安やうつなどの治療が必要とされる程度だと見なしていたようです。

 

そして、彼らに最初に計測した時の平均値は治療が必要となる閾値よりわずか1点低い59点だったようです。

 

患者を治療している方も治療が必要だっていうことも言えますね。

 

ちょっと一言

精神的な問題を抱えている人は、試しにタッピングをしてもらってもいいのではないでしょうか。

 

どこからがタッピングなのかわかりませんが、マッサージでもいいような気がしますが。

 

気が進まないのでしたら、自分の感情を書きまくる筆記開示や激しい運動、ボルダリング、木登りなんかがおススメです。

 

なぜなら、それにしか集中できないので、他のことが考えられなくなるからです。

 

激しい運動はHIITがおススメです。

 

例えばエアロバイクなら、単純に20秒全力で漕いで10秒軽くこぐのを8回繰り返すのが主流です。

 

なと言っても、全力でやる(心拍数90%前後)なので、他のことが考えられなくなりますし、終わった後もアドレナリンとかが出て痛みに強くなっていますし、逆境にも強くなれることがわかっています。

 

何とかしたい方は、片っ端から色々やって自分に合うものをやってみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ストレス

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク