時間

子供が勉強したり遊んだりする時間は昔と比べて増えてんの?それとも減ってんの?

投稿日:2019年11月1日 更新日:


 

今の子供と昔の子供を比べた時に、みなさんはどんなことを思いますか。

 

「昔の子供に比べて、今の子供はゲームしかしていない」など意見はいろいろあると思います。

 

まぁ、どちらかと言えば、屋内の活動の方が多くなったとは思います。

 

でも、それってなんでなんでしょうね。

 

スポンサーリンク
 

 

昔の子供と今の子供で活動に変化はあるの?

メアリー大学の社会学者サンドラ・ホファースは、無作為に抽出した何日かの子供たちの活動の記録を親に付けてもらった。(1)

 

長期にわたる調査によって、1981年と1997の子供たちがどのような活動に時間を費やしているのかを比較した。

 

その結果、1981年に比べて1997年は6~8歳の子供たちは18%も置を学校で過ごし、145%も多い時間を家で学校の勉強をし、168%多い時間を親と買い物に費やし、55%少ない時間を家族との会話に費やし、19%少ない時間をテレビの視聴に費やしていた。

 

遊びに関しては、1981年に比べ1997年は25%以上も減っていた。

 

これらの変化はおよそ一世代の半分の16年間に起こった変化の数字。

 

この調査の「遊び」の分類には、盤を使ってするゲームやコンピュータゲームなど屋内でする遊びと、屋外でする遊びの両方が含まれていた。

 

だから、この期間の屋内でするコンピュータゲームの伸び急激で(1981年の時点では、ほぼゼロだった)、その分、屋外でする遊びの時間は25%よりもはるかに少なくなっていると予想できた。

 

この調査に参加した子供たち(6~8歳)の1997年時点の平均の遊び時間は、コンピュータゲームに費やす時間も含めて1週間に11時間強だった。

 

1997年からの6年間で、家で学校の勉強に費やす時間の増加(32%)と、遊ぶ時間のさらなる低下(7%)だった。(2)

 

そして、研究者たちは親たちに、「なぜ子供は外で遊ばなくなったのか」と尋ねたところ、親たちの答えは子ども自身の好みと安全を挙げた。

 

特に、テレビとゲームが大きな要因だということも言った。

 

ところが、大規模な調査によれば、友だちと外で遊ぶ方が好きだという結果が出た。(3)

 

子供たちが他の活動との比較で問われた時、89%がテレビを見るより友達と外で遊ぶ方を好み、86%がゲームをするより外で遊ぶことを好むと答えた。

 

親と子供にギャップがあるみたいですね。

 

しかも、日本と違ってアメリカは外で遊ぶのが危険なのかもしれませんね。

 

ちょっと一言

この研究はアメリカで行われたもので、そっくりそのまま日本に当てはまるわけではありません。

 

ですが、僕の感覚で言うと、昔より規制が厳しくなったなーという印象はあります。

 

僕自身、子供の頃、近所の友達と他人の土地の芝生で遊んだりと、今考えれば結構自由だったと思います。

 

だから、結果的に屋内でゲームをやったりするようになり、一方で親たちはゲームのせいで外で遊ばなくなったと感じるのかなと思います。

 

そこは僕の見方ですが。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-時間

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク