時間

時間の捉え方を考え直すだけで楽しい毎日が送れるよ!という研究

投稿日:2021年9月8日 更新日:


 

今回は時間の捉え方についてです。

 

人々は時間を分単位で測り、自分の時間のコストを考えたります。

 

とはいえ、時間についてどう感じるかを変えることもでき、そうすることによっても、もっとタイム・リッチになれます。

 

スポンサーリンク
 

 

バカンスだと思うだけで!?

例えば、自分が経験していることを悠々と楽しめば、その経験の認識を変えられることが調査でわかっています。(1)(2)

 

ある調査では、次の週末を「バカンス」として扱うように指示しただけで、週末の捉え方が変わり、人々は自由時間を楽しむ度合いが増して、気分が良くなった。(3)(4)

 

逆の過去を思い返したり(例えば、働いて過ごした1週間について考えたり)、未来を予想したり(例えば、働いて過ごす次の1週間について考えたり)すると、時間に追われているような気になるのです。

 

人は現在に注意を集中させることで、目の前に存在している楽しさに敏感になり、そうすることでタイム・リッチになれます。(5)

 

時間にとって最大の敵である人々の仕事でさえ、捉え方を変えることができます。

 

仕事を運動だと思うだけで!?

工事現場や1日中立ち詰めの小売店などで、身体の負担の大きい仕事をしている人は、身体を使う活動の捉え方を変えることができます。

 

人々は、そうした身体の負担を、「運動」だと考えると、仕事がもっと好きになり、前よりも体調が良いように感じることが、調査からわかっています。(6)(7)

 

ある調査では、ホテルの客室係たちに、彼らが仕事でしている活動は、活発で健康な人であるために推奨される活動レベルに達していると告げた。(8)

 

このような見方を変えただけで、客室係の体重や体脂肪や血圧に大幅な改善が見られた。

 

1日の目的を持つだけで!?

同様に、車の通勤中、これから1日をどう過ごすかというプランを立てるといった目的を意図的に設定している人は、通勤が楽しくなり、仕事をやめたいと思う可能性が減った。(9)

 

以前より、これから始まる1日に対する準備ができているように感じていたからです。

 

望ましくないように思える時間も、何らかのかあたちで望ましい時間であると思えるように捉えなおせば、もっと気分よく過ごせることが、こうした調査から伺えますよね。

 

ちょっと一言

考え方1つで大分時間に対する意識が随分変わるようでしたね。

 

特に、現代人は四六時中仕事のことばかり感がているので休日はバカンスだと思って過ごしてみると良いのではないでしょうか。

 

そして、仕事の日は朝にプランを設定しておく癖をつけておくといいと思います。

 

多分、やることが明確になるので、仕事のスピードも速くなり、時間も余るかもしれません。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-時間

執筆者: