時間

正しい有給休暇の取り方!

投稿日:2021年11月16日 更新日:


 

今回は有給休暇の恩恵についてです。

 

職場は、従業者に時間で報いることによって、彼らが時間を見つけるのを助けとなります。

 

アメリカでは、民間部門の従業者の4人に1人が全く有給休暇をもらっていません。(1)

 

アメリカは、従業者が有給休暇を受けることを政府が保証していない唯一の国です。

 

これは、経済政策研究センターが行った調査によります。

 

とは言え、有給休暇と無給休暇を与えられて、(それをすべて使って)いる従業者はそうでない従業者よりも熱心で、創造的で、生産的であることがわかっています。(2)(3)

 

彼らは仕事からより大きな意義をと満足を引き出しています。(4)

ほとんどの従業者は休暇の後、疲労が減って元気になったように感じると報告し、日々の経験を積極的にアジアいます。(5)

 

 

短い休暇でさえも、最長2週間にも及ぶ恩恵をもたらしてくれます。(6)

 

1回の長い休暇は、何度もの短い休暇ほど有益ではないので、人事部門は従業者たちが短い休暇を摂らせるようにしたり、オフィスを短時間はなれる機会を与えたりした方が良いです。(7)(8)

スポンサーリンク
 

 

有給は定期的にとるといい!

14万8000人を対象にした調査では、定期的に休暇をとる人しか、休暇の恩恵を浴せないことがわかった。(9)

 

それは、休暇から得られた幸福感は2週間経つと消え、従業者は過密なスケジュールに戻り、燃え尽きてしまうからです。(10)

 

企業は休暇を提供するのに加えて、必要な手段をすべて講じて、従業者にその休暇をとらせるべきです。

 

休暇を消化しないというのは、アメリカでよく見られる社会悪です。

有給は実はほとんどとられていない!

 

ある調査では、75%の従業者が有給休暇を消化しきれていないことがわかった。(11)

毎年合計で7億日の休暇、仕事ではなく、タイム・リッチな活動に使うことができる56置く時間が取得されなかった。(12)

 

 

 

取得されなかったこれらの休暇のうち、2億3600万日は完全に失われ、これを推定で700億ドルの損失に相当します。

 

そして、それは経済も減速させます。

 

研究の推定によれば、未消化の推定のせいで、毎年2550億ドルが経済から取り去られているという。

 

これをわかりやすくするために例を出しましょう。

 

最近J.D.パワー社が行った推定によれば、2019年にアメリカで変われた車の代金の合計は、4620億ドルだったようです。(13)

 

そのうえ、従業者は休暇をとった時でさえ、その一部を仕事に費やす義務があるように感じています。

 

アメリカのほとんどの従業者は、休暇の最中にも働かざるを得ないと感じています。(14)

有給が取れても!?

 

フルタイムで勤務している2000人以上のアメリカの成人を対象とした調査では、70%が、休暇をとった時にさえ、仕事から離れないと答えた。

 

 

休暇中に働くとストレスが増し、タイム・コンフェッティが生まれ、従業者は2つの世界と2つのマインドセットの間を目まぐるしく往復する羽目になります。

 

ちょっと一言

まぁ、有給は取った方がメリットは大きいのですが、とってはいけないような風潮はあると思います。

 

それに、仮にとれたとしても頭から仕事のことが離れなかったら意味がないですよね

 

難しい問題ですよね。

 

 

 

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-時間

執筆者: