幸せになるために


幸せ

 

僕のサイトに訪れてくれて、ありがとうございます。

 

いきなりですが、質問を1つさせてください。

 

あなたは今、幸せですか?

 

幸せだと思うなら、この先を読む必要はありませんのでこのページを閉じてください。

 

幸せが何なのかイマイチ、ピンと来ていない方はもう少し、お付き合いください。

 

じゃあ、幸せといったら何でしょうか。

お金持ちになる、ステキな恋人をつくる、芸能人になる、または田舎でゆっくり生活する、外国に行って、何かを貢献する・・・幸せの数はいくらでもあります。

 

スポンサーリンク
 

 

幸せって何?

幸せの定義を作った心理学者たちがいます。

 

ペンシルベニア大学の心理学者、マーティン・セリグマンは「本物の幸福とは自らの意思で選択した目標を達成することだ」と定義。それがモチベーションや満足度を高めてくれる。このことによって、楽しさ、好奇心、創造性、理解度を高め、さらに困難に直面してもあきらめず、パフォーマンスが向上。結果的に自律性が満たされ、学ぶことが好きになり、より多くのことを学ぶようになる。

 

またハーバード大学のポジティブ心理学者、ショーン・エイカーは幸福を「自分の可能性に向けて前に進んでいると感じた時の喜び」と定義。

 

ウィスコンシン大学マディソン校の心理学者、リチャード・デビッドソンは2つのポジティブな感情について言っている。1つは目標達成前ポジティブ感情と言い、目標に向かって前進すると得られる快感感情のことである。2つ目は目標達成後ポジティブ感情と呼ばれ、一瞬の解放感をもたらしてくれる。多くの喜びは目標に向かう一歩一歩だと定義。

 

まとめると、幸福とは自分で選んだ目標に向かって、プロセスの中で前進していると実感できていることです。

 

ということは目標を自分の意思で選ぶことが幸福への第一歩です。

(もちろん、幸せは人それぞれの価値観に基づくもので、これが絶対ということではありません)

 

幸福感と強く結びついている3つの欲求

とは言っても、何でも自分で決めた目標に進んでいればいいわけではありません。

 

例えば、こういうことです。

金持ちになろうとして、目標につき進んでいるだけでは必ずしも幸せにはなれないということです。

 

そこでじゃあ、どうやったら、幸せになれるかと言いますと、3つの欲求が満たされた時です。

 

エドワード・デシとリチャード・ライアンが主張する「自己決定理論」といというものがあり、、これは多くの心理学者が同意しています。

この理論では、基本的な欲求は「関係性」「有能感」「自律性」の3つだ定義。

 

1、関係性

友人や家族といい関係を作り、お互いに貢献したり、感情を共有できる欲求

2、有能感

自分の得意分野などで周りに影響を与えたり、困難を克服したり、それによって喜びなどを得る。結果として、それが自分の成長に着目する欲求が満たされる

3、自律性

自分の興味や価値観に合った目標を自分の意思で追っている時

 

目標達成する時にはこの3つの要素がないと、いくら自分の意思で目標を決め進んでも、成功はするかもしれませんが、基本的な欲求が満たされないので結果として、惨めな気持ちになってしまうことが多いです。

 

デシとライアンも同様のことを言っています。「人が皮相的な目標を追い求め、外的な基準によって自尊心を高めようとするのは関係性、有能感、自律性が満たされない時だ」と。

 

自分をコントロールするとは?

3つの欲求を含め、目標を達成するためには自分をコントロールすることがとても大切です。つまり誘惑に負けず、自分で決めた目標に向かって進んでいける力のことです。

 

反対に毎日、嫌なことを忘れるためだけにお酒を飲んだり、行きたくもない付き合いに付き合わされたり、やめたいけどやめられない状態、これが自分の意思で選択できていなということです。

 

わかりやすく言えば、コントロール不能です。

乗り物に喩えるなら、極めて危険な状態です。

 

しかし、自分の人生を自分でコントロールするのはあなた以外にいません。

 

まず自分で目標を決め、前に進もうと思うことです。

それさえ思い続けていれば、少しずつ変わってくることは間違いありません。

 

3つの健康

目標に向かうためには自分をコントロールしなければなりません。最初から諦めたり、途中で投げ出さないようにするには健康をおいて、他にはないです。

 

健全に物事を考え、自分の意思で選択する力をつけるためには

 

1、頭(脳)の健康    → 知識をインプラントし、自分の行動に活かすこと

2、心(メンタル)の健康 → 諦めないことやモチベーションの維持

3、身体の健康     → 病気にならない体づくりをすること

 

この3つの要素が揃えば、目標達成をしやすくなります。つまり幸せになりやすくなるということです。

 

そして、目標達成をすれば、また新たな目標が見つかります。1つの目標をクリアしたなら、自信がついているはずなので1回目の目標よりプロセスを楽しめるので、より早く結果が出ると思います。

 

じゃあ、どうすれば目標達成しやすくなるかというと、別のページで解説しています。

↑↑↑

この文字をクリックしてくれれば、ジャンプします。

 

スポンサーリンク
 
 

スポンサーリンク
 
 

投稿日:2017年6月27日 更新日:

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク